宝の持ち腐れ、と言ってしまうのは、少し失礼かもしれないが。
どうしてあの最強の武器が、彼の者の手に渡ったのだろうか。
武器は持ち主を選ぶというが、あの者は、紛れもなく最弱の戦士。
そこに隠された理由を、私は知りたい。