危ないと思ったから、回避する為に避難した。
そしたら全員から第バッシングを受けてしまった。
人に勝手に責任を押し付けといて、逃げることを許さないとは。
あいつらにとっては、僕が死のうがどうなろうが関係ないのだ。