私はある意味彼の生き写しというか、影武者みたいな存在だ。
でも彼の影でありながら、光の下で活躍することを義務づけられている。
彼ができない経験や、彼の理想を実現する為に、私は全力を尽くすのだ。
それが、彼の手で作り出された主人公である、私の役割。