彼女と出会ったのは、いつものように夜空の下を散歩していたときだった。
彼女も星空を眺めるのが好きだと知り、僕たちは毎晩のように一緒に星を眺めた。
でもある日を境に彼女は姿を見せなくなり、今もどうしているか分からない。
ただ、その日から僕の目には、夜空の星の数が一つ多いように見える。