新しい扉を開くための鍵を、僕は持っていなかった。
この扉を開くことができなければ、新しい一歩を踏み出すことができない。
でも本当は、その扉に鍵なんてかかっていないことを、僕は知っている。
その扉を開くために必要なものは、鍵ではなく勇気なのだ。