僕は自他共に認める一匹狼だ。
でも決して孤独な存在もなければ、孤高な存在でもない。
この世には、僕と同じ境遇の奴がごまんと、いや、無限に存在する。
そして人類は、まだ見ぬ僕の新たな同胞を、今日も探し続けている。