押し入れの中から、一冊のアルバムが出て来た。
幼い頃の自分が、多くの笑顔と一緒に写っている。
その一つ一つに確かに思い出が詰まっているはずなのに。
なぜか写真を見ても、何も思い出すことができない。