子供のころ、虹は乗れるものだと思っていた。
でも当然のように乗れなかったし、麓にたどり着くことさえできなかった。
たどり着けないことを知らずに、ひたすら走り続ける。
虹は、まるで人生そのものだ。