悪魔に変な呪いをかけられて、特定の言葉しか言えなくなってしまった。
その呪いは、五文字だけ発生することを許可するというもの。
散々悩んだけれど、僕は「あ」「り」「が」「と」「う」の五文字を選択した。
お礼が言えれば、とりあえずいろんな場面を乗り切ることはできるだろう。