彼は、疑心暗鬼の塊のような男だった。
触れるもの、見えるもの、聞こえるもの、全てを疑ってかかった。
当然のように、自分自身のことさえも、頑に信じようとしない。
彼が信じるものを見つけたとき、世界はどのように変わるのだろう。