数十年ぶりに友人たちと訪れた母校は、ただの空き地になっていた。
今では地元の子供たちが、時々遊ぶのに使っている程度らしい。
せっかくだからと、我々も童心に返ってそこで遊んだ。
さらに数十年後、今の子供たちがここに戻って来た時は、何を思うだろう。