人の顔色を窺って生活することに、すっかり慣れてしまった。
常に周囲の会話に耳をそばだて、自分という気配が薄れるよう努める。
そうでもしないと、とてもじゃないが集団の中で生きられない。
賛辞も中傷も嫌いな私が、どちらも避けて行きて行くには。