文字通り、五臓六腑に染み渡るという言葉が相応しい。
比喩でも何でもなく、誰の目から見ても明らかだった。
それがこの店の自慢であり、味の秘訣なのだ。
余すとこなく全ての部位に秘伝のタレを染み込ませるというのが。