大人ぶるのがカッコイイと思っていた時期があった。
当時の僕にとって、カッコイイは大人の男の代名詞だったのだ。
でも、自分が大人になってみて、その幻想は壊れた。
カッコイイのは大人じゃなくて、僕の周りにいた人たちだったのだ。