キャッチコピーを考えるのが難しいという相談を受けた。
以前からその手の相談は多かったので、ここらで本にでもしてみようかと思った。
そして私は三ヶ月ほどかけて、キャッチコピーのいろはみたいな本を完成させた。
あとは、この本のキャッチコピーをどうするかで、運命が決まる。