「助けて……」
そのとき、確かに僕は、彼を助けることができる位置にいた。
でも僕は、そんな位置にいながら、彼を助けることができなかった。
たぶん、心のどこかで僕がそれを望んでいたからだと思う。