全ての感情表現の中で、泣くことだけはどんなときにでも使われる。
嬉しいときにも、悲しいときにも、辛いときや痛みを感じたときにも。
そもそも、生まれたときにまず、人は声を上げて泣く。
言葉ができる前は、泣くことで全ての意思疎通を行っていたのだろう。