どうせこの世界には、神も仏もいない。
だから死神の右手に、この身を委ねてしまいたかった。
でも、死神も神であることを、私は忘れていた。
伸ばした手を掴んでくれる者は、どこにもいない。