今日と明日の境界線に立って、星空を眺めていた。
流れ星が、目の前を通り過ぎて行った。
一瞬すぎて、願いごとなんて言い切れるはずもない。
ただただ、境界線を無事に越えられたことを、感謝するのみ。