しなやかに、滑り込むように、奥へと入って行く。
摩擦や抵抗をほとんど感じさせないその様子は、美しくすらある。
音も匂いも、味も食感も、全てが完璧。
最後の一口まで、五感の全てが余すことなく刺激される。