僕の前には、無数の道が常に用意されている。
道によって当たり外れは、もしかしたらあるのかもしれない。
でも僕にとっては、どの道を選ぼうが、結果は変わらない。
この道の先には、必ず君がいる。