私は来るものを一切拒まず、どんなものでも受け入れる。
受け入れ、彼らの持ち味を最大限に引き立たせてみせる。
そして今度は、全ての者に私を受け入れてもらえるようにする。
それを可能にしてこそ、私は万能料理と呼ばれるにふさわしくなるのだ。