ある日、鏡の向こうの世界へ行けることに気づいた。
全てが反転した世界が面白くて、僕は毎日向こうの世界に行った。
それなりに楽しいが、最近、ちょっとだけ困ったことがある。
あまりにも行き来し過ぎて、どっちが鏡の世界か、分からなくなってしまった。