子犬だからと侮ったのが運の尽きだった。
大変に気性の荒い犬だったその子犬に、男は噛み殺されてしまったのだ。
自業自得だったとはいえ、あまりにも忍びなかった。
だから神様は男を子犬として生まれ変わらせ、一度だけチャンスを与えた。