ゴールを決めずに、ただひたすら走るってのも悪くない。
目的は終点ではなく、途中に点々と存在する。
多くの発見や、新しい刺激が、全て自分の糧になる。
終わりがない方が、成長の種は見つけやすいのかもしれない。