この家には、水と酒くらいしか飲み物がない。
酒屋を経営しているから、ある意味ではしかたない。
その影響もあって、小さい頃から利き酒は得意だった。
もちろん未成年は飲めないので、匂いだけで当てていた。