特別胃袋が丈夫なわけではないのだが、ついいっぱい食べてしまう。
コレクター魂というか、何でもコンプリートしたくなってしまうのだ。
さすがにレストランの全メニューを食べきることはできないけど。
一品でも多く食べておきたいという気持ちが、つい働いてしまう。