地平線と水平線の境界が見えない。
まるで無限の奥行きが存在しているかのよう。
今の私には、見ることができないけれど。
今日もあなたは、その向こうで微笑んでいるのだろう。