狩猟が趣味で、毎日森の中を隅々まで駆け回っていた。
どんな獲物であろうとも、私の手にかかれば一撃だ。
しかし少々、のめり込みすぎたのかもしれない。
気がつけばこの森にいる生き物は、私一人になってしまった。