彼は、神様の右腕と呼ばれていた。
神に仕え、神様の真似事ができるというのが、その理由だ。
でも、誰も彼の行動が真似事かどうかを判断することはできなかった。
普段神様がどんなことをやっているか、誰にも分からないからだ。