この先の関所を通るには、金が必要になると書かれていた。
幸い、資金はたっぷり用意してあるので、問題はない。
そう思っていたのだが、いざ関所に来たら、足止めを食ってしまった。
必要だったのは、お金ではなくて、金銀銅の金だったのだ。