海かと思うくらい、その川は、長さも幅も桁違いだった。
向こうに見えるのは、対岸ではなく、水平線。
川下りでも楽しもうと思って来たのだが、止めた。
一度流されてしまったら、二度と岸に戻ってこれない気がする。