この国は文字通り、どこまで行っても氷の国だった。
大地が凍っているだけではなく、全てを氷でまかなっている。
建物や乗り物が全て氷でできているのは、さすがに驚きを隠せなかった。
できれば、温かい食べ物があると嬉しかったのだが、贅沢は言うまい。