映画や小説、漫画の世界では、ご都合主義な展開をよく目にする。
考えてみたら、当たり前のことなのだ。
そういうシーンを切り取るのが、フィクションというものだから。
何も起こらないところは、表舞台には出てこない。