最後まで、決して気を抜いてはならない。
ほんのちょっとの油断が、取り返しのつかないミスを生む。
慎重に避けながら、割れないように、溶け出さないように。
それが最後の一口を至福の瞬間で締めくくる秘訣なのだ。