「傘、いりませんか? 良かったらこれ、差し上げますよ」
「別にいりません。今、雨降ってませんし」
あそこで断っていなければ、今頃後悔することもなかっただろう。
熱中症で倒れた次の日、僕はそんなことをふと思った。