十年ほど前、彼を打ち倒したことで、私は最強の座に着いた。
でも最強の座は、思ったよりも虚しいものだった。
あれから十年、彼から再戦の申し出があった。
申し出は受けたものの、結果どうなるかは、戦う前から分かっていた。