僕は一人じゃないし、流れ者でもない。
帰るべき場所がちゃんとある。
疲れたらいつでも、そこで羽を休めることができる。
毎日自由に飛び回っていられるのは、その宿り木のおかげだ。