俺の目の前には、高い壁がそびえ立っている。
壁には意思がないから、いつまでも変わることなく、仁王立ちのまま。
壁を越えるには、俺の方が成長するしかない。
破壊するにしろ飛び越えるにしろ、変わるのは俺の方だ。