かつて、神はサイコロを振らないと言い残した天才がいた。
天の邪鬼な私たちは、何とかその言葉に反発したかった。
たったそれだけの為に、私たち神になった。
今では毎日のように、サイコロを振って遊んでいる。