「頭が高いぞ! この方をどなたと心得る!」
そう言われても、僕たちは誰一人ピンときていなかった。
この国のトップは、普段人前に出ることが全くない。
こんな時ばかり出てこられても、誰も認識なんてできないのだ。