どんな記録であっても、ギネスブックに載せられるのだろうか。
僕はそれが知りたくて、どうでも良いことでも全力で頑張った。
ギネスブックに載る、ただそれだけの為に、日々を費やした。
結果的に、ギネスに挑戦した回数の最高記録が、ギネスブックに載った。