僕は何でもかんでも、ギリギリじゃないと面白いと感じられない。
あと一歩踏み越えたらアウトというギリギリ感が、快感と興奮を与えてくれる。
だから、決してサボっているわけではなく、楽しんでいるだけなのだ。
ギリギリになるまで宿題をやらないのも、僕なりに勉強を楽しむ方法なのだ。