その時に応じた効果音を、自動的に発する装置を作ってみた。
叩いた時にバシッて音を出したり、水を飲む時にゴクって音を出したり。
まだ試作品だから時々誤作動を起こすけれど、結局それが完成品となった。
使った人がみんな、誤作動を起こす方が面白いと言ったから。