「心残りはないの?」と、時々訊かれることがある。
正直に答えるならば、僕には心残りしかない。
思い出を残すということは、そこに心を置いてくるということだ。
過去に残してきた僕の心たちが、今の僕を動かしている。