結局のところ、彼の描く作品は、いつもハッピーエンドなのだ。
登場人物がほぼ全員、それ相応の幸せを手に入れる。
それが彼の作品の良いところであることは、みんなが分かっているけれど。
そろそろ裏切っても良いんじゃないかなと思う自分も、確かにいる。