現実が嫌で、すぐに漫画やゲームの世界に逃げ込んでしまう癖が彼にはあった。
ある日、主人公が人格や脳をロボットに移植して永遠に暮らすという漫画に出会う。
彼は強い憧れを抱き、必死に人格を移植できるロボットを開発した。
今、彼は、寂しいと感じることもなく、人里離れた場所でひっそりと暮らしている。