彼は退屈した日々が嫌で、毎日朝から晩までゲームの世界に浸っていた。
ある時、リアリティさが売りの人命救助ゲームというものをプレイしてみた。
そこで彼は人の命を守る難しさを知ると同時に、妙な満足感を得られた。
彼は今、現実に人命救助の仕事に携わり、充足した日々を送っている。