親友の二人が、丘の上の教会で結婚式を挙げることになった。
その教会には百段の階段があり、ライスシャワーをやれるようになっている。
当日、幸せの門出でありながら、二人の表情はひきつりっぱなしだった。
新郎は高所恐怖症で、新婦は階段恐怖症なのだ。