空想ってのは、目の前に広がる景色のことだ。
決して、背中に広がる景色のことではない。
だから後ろ向きな空想なんてものは、あり得ないのだ。
空想と現実逃避を混同してはならない。